三毛猫トティ子と、元競走馬シャーベットトーン。

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯医者さんは、やっぱり、ニガテ。

<<   作成日時 : 2010/03/20 00:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

トティ子: カリポリカリポリ、きょうも元気だニャー、
      カリカリが、うみゃいんだニャァー!

シャーベット: トティ子さん、おいしそうに食べますよねぇ。

トティ子: おいしく食べられるってことは、大切だニャー。
      そのためには、胃腸が丈夫で、
      歯も、しっかりしてなくっちゃニャ。

シャーベット: 歯ねぇ。
         ぼく、このあいだ、歯医者さんに治療してもらいました…。

トティ子: ほニャ、それは、良かったんだニャ!

      乗馬倶楽部イグレットでは、年に1回くらい、
      おウマさんたちの歯の検査をしてもらうそうなんだニャ。
      
      キミは、ちょうど良いときに、イグレットにお世話になっていたんだニャ。

      でも、シャーベット君のことだから、きっと、泣いたニャ。
      泣いて、先生を困らせたんだニャ。

シャーベット: 泣きはしませんでしたよ、
         うーん、ちょっと、イヤイヤしましたけど…。

トティ子: どういう治療をしたんだニャ?

シャーベット: ううううーん。

         先生が、馬房に到着したときの、
         あの、ただならぬ緊張感………。

         思い出すと、冷や汗かいちゃう。

画像


トティ子: イグレットのスタッフ、Tさんが、キミに無口頭絡をつけて、
      先生の到着を待っているところだニャ。

      なんだか、キミの眼が、恐れおののいてるんだニャ。
      レース前のパドックよりも、緊張しているみたいだにゃ。

シャーベット: だってねー、
         こーんな、見るからに、『何ですか?これ?』
         っていう、道具を、先生がもってきたんですよー。

画像


トティ子: ふニャ、バケツに、長いヤスリがイロイロ入ってるんだニャ。

シャーベット: そう、治療にこの道具を、使うんですけど、
         まずは、先生がボクの歯をチェックしてくれます。

画像


         それでね、
         先生が『あー、これは、治療が必要だ!』って言うとね、
         さっきのながーいヤスリでね、

         ごしごし、ぎしぎしって、

         ボクの歯を削るんですよぉー。

画像
画像
画像
画像


トティ子: ほニャー、キミの口の中って、奥が深いんだニャー。
      あーんな長いヤスリが、入っちゃうんだニャ。

シャーベット: トティ子さん!、そんなところで感心しないで、
         少しはぼくの身にもなってくださいよ!

トティ子: それにニャ、なんだか、口にへんなもの、付けてるんだニャ。

シャーベット: そう、これね、開口器って言うものだそうです。
         頭絡みたいに、ぼくのうなじに引っ掛けてあるんですけどね、
         おくちが、閉じられないようになっているんです。

トティ子: ふニャー、
      『羊たちの沈黙』の、ハンニバル博士だニャ。

シャーベット: ………。
         アレは、口が開けられないようになっているんでしょ。
         開口器は逆ですよ、逆。

トティ子: ところで、削っちゃっても、歯がなくなっちゃわないのかいニャ。

シャーベット: ぼくたちウマの歯って、もともとニンゲンさんの歯などに比べて、
         やわらかいんだそうです。

         だから、食べ物を噛んだり、すりつぶしたりしていると、
         歯の表面がどんどん磨り減っていくんですって。

         磨り減った分は、
         あごから、つまり歯の下側ですよね、
         順に生えてくるようになってるんですって。

トティ子: ホニャー、食事のときに、削られた分だけ、
      下から生えてくるんだニャ。

      でもニャ、自然に削られていくんだったらニャ、
      わざわざ歯医者さんに削ってもらわなくったって、
      良いんじゃないのニャ?

シャーベット: そう、そこなんですけどね。

         ぼく達、ウマって、もともとは青草、フレッシュな、
         みずみずしい草を食べる生き物じゃないですか。

トティ子: でも、キミが競走馬だったときの食事とか、
      いま、お世話になっている乗馬クラブの食事とかは、
      穀類も、メニューのうちのはずだニャ。

      えん麦とか、ふすまって、よく聞くんだニャ。

      あと、草は、たしか、青草よりも、
      乾草(かんそう)のほうが、一般的に思うんだニャ。

シャーベット: さすが、トティ子さん!
         いま、トティ子さんが言ったような、
         濃厚飼料と呼ばれるような穀類ですとか、
         粗飼料と呼ばれるうちの、乾草は、
         青草に比べ硬い食べ物なんです。

         野生では口にしないような
          硬いものを常食することによって、

         ぼくらの歯が、ヘンな風に削られてしまうんですよ。

トティ子: なるほどニャ、歯医者さんは、
      食事のせいで、いびつに削られてしまった歯の形を、
      ととのえてくれるんだニャ!

シャーベット: ふつう、上あごのほうが、下あごに比べて幅が広いから、
         上あごの歯は、外側がとんがっちゃって、
         下あごの歯は、内側がとんがっちゃって、
         噛み合わせが悪くなったり、

         ひどくなると、
         口の内側に裂傷ができるようになったりするそうです。

トティ子: ホニャー、それは、深刻なんだニャ。

シャーベット: だからね、厩舎で飼われているウマたちの歯は、
         年に一度は検査したほうが良いんですって。

         美浦トレセンでも、歯の治療をする厩舎があるって、
         聞きましたよ。

トティ子: なるほどニャー。

シャーベット: ぼくは、ヤスリで削ってもらうだけで終わりでしたけど、
         イグレットの、ほかのおウマさんは、
         『歯を抜く』っていう、治療をしてもらってました。

画像


トティ子: たいへんそうだけど、
      こうして、きちんと治療してもらったほうが、
      乗馬としても、ウマとしても、
      みのり多い、快適な生活が出来るんだニャ。

シャーベット: そうです、そうです。

トティ子: イグレットの皆さんや、お医者さんたちに感謝しなくっちゃニャ。

シャーベット: そうです、そうです。

トティ子: じゃあ、やっぱりシャーベット君も定期的に、
      歯医者さんに、お世話になるのが良いんだニャ!

シャーベット: えええ、………、定期的、ですか?
         遠慮します、うううん、遠慮したい、
         うううん、できれば、遠慮差し上げます!?…

トティ子: はニャー。だらしないんだニャー。



人気ブログランキングに参加しております。
下の画像や、にほんブログ村のテキストをクリックしていただくと、
検索エンジンでのヒットが増えて、
多くの方にシャーベットトーンのその後をお知らせできるようになります。
シャーベットトーンとトティ子に御声援、お願い申し上げます。
    ↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


ブログランキング にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歯医者さんは、やっぱり、ニガテ。 三毛猫トティ子と、元競走馬シャーベットトーン。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる