三毛猫トティ子と、元競走馬シャーベットトーン。

アクセスカウンタ

zoom RSS きんぎょにもわかる、競走馬の引き取りかた その壱

<<   作成日時 : 2010/02/06 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

トティ子: このところ、冬らしーいお天気続きなのニャ。
      南国原産のワタシには、厳しい寒さなのニャ。
      空気も乾燥気味で、にくきゅうのお手入れが、
      たいへんなのニャ。
画像
画像


シャーベット: ぼくは、寒いところ、大好きですよ。
         なんていったって、子供のときから、
         厳寒の北海道のマキバで元気に走り回ってましたし。

トティ子: そんニャこと言って、
      なんだか大きなコタツカバーみたいニャものを、
      かぶせられているのニャ!!

      本当は寒がりなんだニャ!
画像
画像


シャーベット: 寒さは好きですよ!
        
         寒いと脚元も熱をおびにくくて、
         すっきりしているんです。

         でも、ぼくらサラブレッド、競走馬は、
         前にも言ったように、特殊なごはんをもらって、
         特殊なお世話のされ方をしていているでしょう。

         からだの熱や、汗を効率的に発散するような、
         うすーい皮膚をしていますから、
         普段の生活のときには、
         『ちょっと、大事にしてやるかな。』って、
         こうして、

         馬着(ばちゃく)

         というものを、着せてもらうんです。

         コタツカバーじゃないんですよ!!
         結構お値段がはる、高級服飾品です!!
        
トティ子: なんだか、派手な柄なのニャ。

シャーベット: うーん、ぼくも最初見たときは、
         えーっ???
         何コレー???
         って、ぎょっとしたんです…。

トティ子: うニャー、ちょっと、重賞を勝つようなウマが、
      着る柄じゃあないニョ…。

シャーベット: でもさ、ホラ、きんぎょ・つばきさんだから、
         例によって、
         『ヘンな柄だから、安売りしてたのよー。』って、

         安売りしていたことを、ことに喜んでましたよ。

トティ子: きんぎょ・つばきさんは良しとしてもニャ、
      周りの皆さんから笑われないのかニャ。

シャーベット: それがねえ、意外なもので、

         『シャーベット君の性格に、
          とてもよく似合っている。』

         『マーブル・チョコ・シャーベットだ。』

 
        って、まあまあ、好評だそうです。

トティ子: へニャー。

シャーベット: それにね、ヘンな柄ですけど、
         きんぎょ・つばきさんも一応、
         コーディネートというものを、考慮してくれたそうで、

         ホラ、ぼくが、イグレットへくるときに、
         奥平雅士厩舎から、つけてもらった、
         この、紫の曳き綱(ひきつな)にあわせて、
         紫の縁どりのある、馬着にしたんだそうですよ。
画像


トティ子: そうだニャー。
      この色は、奥平厩舎カラーだニャ!!!

      あしたは、アルティマトゥーレ号が、
      この色で、レースに出走するんだニャ!!

シャーベット: 安さに惹かれる、
         きんぎょ・つばきさんみたいですけどね、

         お金がないなりに、
         工夫はしているみたいですね…。

トティ子:それもそうだニャ、

      アルバイト店員の身で、
      シャーベット君、
      キミを引き取るという、
      一見、身の程しらずな冒険をしたくらいだからニャ…。

シャーベット: なんとかなるって、思っちゃったんでしょうか。

トティ子: そうなのニャ!!思ったのニャ。

      でもニャ、最初、きんぎょ・つばきさんは、
      先だって話した
      元一口競走馬アーズドール号のように、

      キミが、どこかの乗馬クラブに引き取られていって、
      大事に長生きさせてもらえるように、

      社台サラブレッドクラブにお願いすれば、
      いいのじゃないかニャと考えていたらしいんだニャ。


シャーベット: クラブに、
         『シャーベットトーンが引退したら、
         乗馬クラブに転職させてやってください。』
         って、おねがいするってことですか?

トティ子: そうニャ。

シャーベット: でもぉ、あのぉ、そのぉ、

         乗馬クラブに転職させてもらっても、
         すぐに行方不明になったり、
         病気や怪我で死んじゃったり、
         お肉屋さんに連れて行かれたり、
        
         そういう先輩方、後輩たちが、
         いっぱいいるって、きいてますけど…。

トティ子: そうらしいんだニャ。

      それに、乗馬クラブで繋養されていても、
      ぼんやりした眼をしていた、
      かつてのアーズドール号や、
      北海道にいたドリームパスポート号を見て、

      きんぎょ・つばきさんは、
      ウマの素人ながら、こう、確信したんだそうニャ。

      乗馬クラブへの転職が、

      引退した元競走馬たちに、

      安らぎの場を保証するものではない。


シャーベット: そうですねー。

         聞くところによると、
         一日中、馬房の中にいるだけで、
         放牧してもらえなかったり、
         そもそも、放牧場もなかったり、
        
         馬房の中に、敷料がなかったり
         ということもあるそうですね。

トティ子: そうだニャ。

      馬房だって、キミたちウマが、
      寝転んだり、
      向きを変えたりできるくらいの、
      充分な広さが用意されていないところも、
      あったんだそうだニャ。

シャーベット: うーん、たしかに、
         寝床のない馬房は、不便ですねー。

トティ子: そのとおりだニャ。

      きんぎょ・つばきさんの、ウマの飼い方教科書、
      『馬を飼うための完全ガイド  HORSE CARE MANUAL』にもニャ、

      厩舎にいる馬は、ただニンゲンの利便性の為に、

      24時間好きなときに草を食べられず、

      群れで生きるという馬の本能を曲げられている、

      だからこそニンゲンは馬のためにできるかぎり、

      良い環境を提供しなくてはならない。


      と、述べられているんだニャ。

シャーベット: 良い環境っていうのは?

トティ子: 飼料、
      水、
      寝床、
      精神的な快適さ、とあるニャ。

シャーベット: そうか、じゃあ、ごはんやお水が充分でも、
         ふかふかの清潔な寝床がなければだめなんだ!

トティ子: そうだニャ!
      それに、精神的な快適さだニャ。

      ぼーんやりして、野性味もなく、
      生気のない眼をしている馬たちは、

      たとえ、どんなに見た目が良くて、
      高そうな厩舎に入れられていても、
      立派な馬具・馬着を着けられていても、

      決して、良い環境で飼養されているとはいえないんだと、

      きんぎょ・つばきさんは、思ったんだニャ。

シャーベット: それじゃあ、ぼくの乗馬クラブへの転職を、
         クラブにお願いするって言うのは?

トティ子: やめにしたんだニャ。

シャーベット: …。ずいぶん簡単な。

トティ子: そうだニャ。

      それにだニャ、乗馬クラブへ引き取られたとしてだニャ、
      そのあと、たとえばシャーベット君、
      キミが、乗馬としてまーったく使いものにならなかったとき、

      きんぎょ・つばきさんが、キミを引き取ろうとしてもだニャ、
      すでに、シャーベットトーンの馬主は、
      乗馬クラブになっているんだからニャ、
      これがまた、難しいんだニャ。

      社台サラブレッドクラブの手を離れてしまったキミをゆずってもらうのは、
      結構むずかしい、
      むしろ、たいていの場合、不可能そうだということも、

      きんぎょ・つばきさんは、勉強したんだニャ。


シャーベット: そうだとすると、じゃあ、
         きんぎょ・つばきさんに、

         クラブから直接、

         ぼくを渡してもらったほうが、

         確実だ!!!


         って、ことですか?

トティ子: 正解だニャー!
      きょうのキミは結構、さえているのニャ!     

シャーベット: そうですか?
         えへへ、照れますねぇ。

トティ子: きっと、タマ取り手術で、頭のほうも、
      より、冴えるようになったのニャ。

シャーベット: それ、ほんと?
         そんなことって、あるんですか?

トティ子: ワタシが知るカイニャ。

シャーベット: …。

トティ子: ふニャー、手術のあとはどうなのニャ?

シャーベット: おかげさまで、すこぶる順調ですよ。

トティ子: じゃあ、次回は、
      タマ取り手術をみごと乗り越えつつある、
      キミの武勇談を聞くことにしようニャ!

シャーベット: そんなこと言って、
         単純に興味あるだけでしょ…。

トティ子: うーん、ほんとうに、きょうは冴えてるニャ!

シャーベット: …。




人気ブログランキングに参加しております。
下の画像や、にほんブログ村のテキストをクリックしていただくと、
検索エンジンでのヒットが増えて、
多くの方にシャーベットトーンのその後をお知らせできるようになります。
シャーベットトーンとトティ子に御声援、お願い申し上げます。
    ↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


ブログランキング にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『マーブルチョコシャーベット』には、ちょっと笑ってしまいましたI~
きんぎょさんのブログは、色々と為になることが多く、勉強させてもらってます
まめ
2010/02/10 05:37
まめさん、コメントありがとうございます。
まめさんに、『為になる』と言っていただけるなんて、とても嬉しく思います。
私自身、競走馬のこともウマのことも、全くの素人なのですが、近くに愛馬が1頭いると、新しい世界が開けたようです。
パドックの鉄柵越しでは、なかなか知る機会のなかったシャーベットの体温、感じ方、性格などをもっともっと知りたい毎日です。まめさんのお知りになりたいシャーベット情報があれば、ぜひご要望をお寄せください。
ところでマーブルチョコ馬着は、広い放牧地にも対応できる(?)ように、防水仕様です!
きんぎょ・つばき
2010/02/10 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
きんぎょにもわかる、競走馬の引き取りかた その壱 三毛猫トティ子と、元競走馬シャーベットトーン。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる