三毛猫トティ子と、元競走馬シャーベットトーン。

アクセスカウンタ

zoom RSS 一口馬主が、愛馬をひきとるまでのアレコレ その参

<<   作成日時 : 2010/01/30 00:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

トティ子: きょうは、雹が降ったんだニャー!
      とーっても、ビックリしたんだニャー。

シャーベット: 雹にもビックリしましたけど、
         ボク、きょうは、もーっとビックリさせられました!!!

トティ子: ニャにを、大げさな?

シャーベット: だって、聞いてくださいよ!

         ボク、今日とうとう、去勢手術を受けたんですよー。

         えええん、もう、オトコじゃなくなっちゃったよー。

トティ子: ニャにを、いまさら。

      ワタシの飼い主きんぎょ・つばきさんが、
      面倒見てるオス猫たちなんて、
      とっくのむかしっから、
      みーんなタマ取り手術、受けさせられテルのニャ。

シャーベット: ええええ?

         だって、去勢されちゃったら、もう、
         子供をつくれないんですよ!

トティ子: あのニャ、
      今の世の中、
      ニンゲン様が生物界の頂点に立っているのニャ。

      日本なんか、どこへ行っても、
      アスファルトの道路が敷いてあるのニャ。

      犬猫ねずみ、鳥だって、サカナだって、
      人間様のお気に入るような、
      姿かたちやら、声やら、お味をしていないとニャ、
      生きる場所と、ごはんをもらって、生かしてもらえないのニャ。

      生きる場所と、ごはんをもらうのにも一苦労ニャのに、
      好き勝手に仔づくりをするなんて、
      それは、もう、相当ニンゲン様のお気に入らなければ、
      どうしたって無理なのニャ。

      シャーベット君、
      無理して、仔づくりしたってニャ、
      たとえばこどもたちが、ニンゲン様のお気に入らなくて、
      生きる場所と、ごはんをもらえないの、
      見るのつらくないかニャ?
      
シャーベット: うーん、むずかしいところです。

         ボクだって、ニンゲンさんが、
         サラブレッドというウマの品種を、生み出したから、
         こうして、この世に生を受けて、
         競走馬として、生きる場所を与えられていたんですよね。

         でも、生き物のいちばん、生き物としての特徴でもある、
         遺伝子を残すっていうことは、
         ニンゲンさんたちの支配する世界では、
         むずかしいんですよね。

トティ子: ま、仕方ニャいニャ。

      世の中、すべて、お金だからニャ!

      きんぎょ・つばきさんが、もうちょっと大金持ちで、
      自分の牧場を経営していて、
      ほらニャ、シービスケットのオーナーみたいに、
      どうしてーも、キミの子供を見てみたい、産ませたいって、
      それが出来る財力があれば別だニャ。

      あいにく、きんぎょ・つばきさんは、
      キミを乗馬クラブで自馬としてもつのだって、
      無理なんだからニャ。

      乗馬クラブの預託料は月に10万円前後で、
      キミが毎日、運動だの、調教だのしてもらったり、
      装蹄士さんに手入れしてもらったり、
      注射を受けたりすれば、
      なんだかんだで毎月20万円はなくちゃ無理だニャって、
      きんぎょ・つばきさん、青息吐息ニャ。

シャーベット: はぁ。

         ボクのこと、安いからって、出資した人ですからねぇ…。

トティ子: でも、キミは、まだ、生きているんだニャ!

      それに、ここが大事だニャ!

      生きていることが、楽しいんだニャ!

      乗馬倶楽部イグレットでひろーい馬場に放牧されて、
      ゴロゴロ、楽しむことが出来るんだニャ!

シャーベット: ローリング。
         ローリングって、言ってください!


トティ子: これ、1月27日の、キミのローリング一覧ニャ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


シャーベット: うーん。
         われながら、確かに、楽しそうです。

トティ子: そうだニョ〜!!

      あ、このときは、まだタマがあるニャ!

シャーベット: …。
         その話題は、もう、けっこうです…。

トティ子: なにはともあれ、
      命に別状なく、手術がすんでよかったのニャ!

シャーベット: 乗馬倶楽部イグレットで手術してもらったんです。

         よく来てくださっている獣医さんが、
         体に負担のないようにって、細心の注意を払って、
         局部麻酔で、サササッて済ませてくれたそうです。

         獣医さんにもよるそうですが、
         ボクの手術をしてくれた先生は、
         術後も元気に適度に体を動かしていい、って、
         運動することを薦めてくれているんですって。

         だから、ずーっと馬房の中でじっとしていなくていいし、
         傷がふさがるのも早そうです!
 
トティ子: そりゃー、良かったのニャ。

      そんな、いい先生に診てもらったのに、
      キミ、ひーひー痛がって、
      倶楽部のスタッフの皆さんを困らせたそうニャないの!

シャーベット: ボク、泣きませんでしたよ!

トティ子: うそだニャ。

シャーベット: …、

         うーん、だって、痛かったんだもん。
         痛くて、飼い葉に口つけなかったから、
         獣医さんが痛み止めの注射を打ってくれました。

トティ子: ワタシもタマ取り手術は、したことないからニャ、
      どのくらい痛いか知らないからニャ。

      でも、キミも、騸馬になれば、

      放牧のときに、

      他のウマたちと一緒にしてもらえる
んだニャ!

シャーベット: そうなんです、

         ボク、フレンドリーな性格って言われてるし、
         1日も早く、他のウマたちと遊びたい!

トティ子: もともと、おウマさんは、群れでいきる動物だからニャ。
      キミが、群れの一員として暮らすのは、
      キミ本来の姿だものニャ。

シャーベット: あー、はやく、誰かといっしょに放牧してもらいたいなぁ。

トティ子: じゃ、甘えん坊して、痛がってないで、
      しっかり飼い葉を食べて、
      早く傷を治すことだニャ!

シャーベット: はい、がんばって食べます。

         ところで、ねぇ、トティ子さん、
         話変わりますけど、

         さっき、きんぎょ・つばきさんは、
         マイ乗馬をもつほどお金持ちじゃないって言いましたよね。

         はっきり言って、『お金なし』、のきんぎょ・つばきさんが、
         どうして、ボクを引き取ろうなんて思ったんですかねぇ。
        
         無謀ですよねぇ。

トティ子: んーニャ。

      その話は、また、順番にしていくのが良いからニャ、

      きょうのところは、シャーベット君、
      キミはゆっくり休んで、とにかく元気になることニャ。

      んじゃ、おやすみニャ!





人気ブログランキングに参加しております。
下の画像をクリックして、
シャーベットトーンとトティ子に御声援、お願い申し上げます。
    ↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一口馬主が、愛馬をひきとるまでのアレコレ その参 三毛猫トティ子と、元競走馬シャーベットトーン。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる